アルバイト先として花を扱う仕事がしたい場合、残念ながら、時給がとても高いというお店はあまりありません。花を扱うフラワーデザイナーなどは別ですが、一般的な花屋で働く場合には、時給は他の業種と比べて安めに設定されていることが多いのです。

花が好きで、将来的に自分でフラワーショップを経営したいなどの夢がある人が働くケースがほとんどと言えます。早朝から働き、残業することも多い仕事なので、体力勝負とも言えます。正社員に採用されたとしても、個人経営の小さいフラワーショップの場合は給与も少なめです。

どちらかと言うと、お金のためというより自分の夢や技術を身につけるために就職する人が多いです。アルバイトであっても、花の買い付けなどをさせてもらったり、経営のノウハウなどを学ぶことができます。贈り物用にラッピングする際のコツなどを身につけたり、植物の育て方や花の種類を覚えるのにも役立つアルバイトと言えるでしょう。